クラシック音楽とは何をさすの?簡単音楽史

music

クラシックとは、古典的という意味で、クラシック音楽は一般的にはヨーロッパを中心とした西洋の芸術音楽を指します。そして、17世紀から19世紀あたりまで約400年間に、バッハ、モーツァルト、ベートーヴェンなどの音楽家によって作られた音楽をさしています。

そんなクラシック音楽ですが時代ごとに特徴があるので、紹介していきます。

中世ルネッサンス音楽(〜1500年頃まで)

クラシック音楽は、もともと教会音楽から始まり歌や合唱の曲がほとんどでした。この時代の音楽を中世ルネッサンス音楽と呼びます。それ以前は楽譜がなく、歌を覚えることで伝えてきていました。

バロック音楽(1600年頃〜1750年頃まで)

ルネッサンス期から、1750年頃をバロック時代と言い、この時代に作られた音楽をバロック音楽と言います。バッハ、ヘンデル、ヴィバルディがこの時代に活躍した作曲家です。

古典派音楽(1750年頃〜1827年)

代表的な作曲家でいうと、ベートーベンが亡くなる頃までに作られた曲を古典派音楽と言います。当時はウイーンが豊かな都市であった為、多くの音楽家がウイーンに集まり宮廷での音楽活動が盛んに行われていました。ハイドン、モーツァルト、ベートーベン、シューベルトが作曲家の代表ですね。

「 ロマン派音楽(1827年〜1920年頃まで)

この時代は社会的にもロマン主義思想に基づく運動が盛んでした。富裕層だけの楽しみであった宮廷音楽から抜け出し、一般市民にも音楽が広まります。こういう背景から、様々な表現方法が生まれます。音楽史では、1850年頃を境に前期ロマン派・後期ロマン派に分けられます。前期ロマン派ではオペラも確立されています。後期ロマン派では民族様式(国民楽派)が登場します。ウイーン以外でも、ロシアやチェコでも作曲家たちが活躍しました。

有名な作曲家としては、 チャイコフスキー、スメタナ、ドボルザーク、グリーク、シベリウスなどが代表的です。

近代、現代音楽(1920年頃〜現在)

色々な意見があり、現代でも議論されていますが、ざっくりいうと、20世紀以降の音楽で、今までにない新しい様式の音楽がたくさん生まれました。 代表的な作曲家は、ドビュッシー、シュトラウス、ラヴェル、シュトックハウゼン、ブーレーズなどです.

クラシックの楽しみ方

歴史好きな方は、音楽史もそうですが、時代背景と重ね合わせながら聴くのも楽しめるのではないでしょうか。もちろん歴史は知らなくても曲を楽しむのもいいですね。意外とどこかで耳にしたことがある音楽もたくさんあります。歌詞がない曲がほとんどなので、自由にイメージを膨らませることもできます。現代の曲とはまた違った魅力も楽しんでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました